美少女から綺麗なお姉さんになりつつあるBABYMETALの今後の理想的な進化について語り合おう!

bm2016-2

 まだ正月気分に浸っていたいと思っていた方で、今日から3連休の方はもう一度正月気分を味わえそうですが、連休明けにはくれぐれも正月ボケにならないようにしてください。

 ところで、2010年にさくら学院のクラブ活動である『重音部』としてスタートしたBABYMETALも8年目の活動をスタートしており、メンバーもSU-METALが12歳から20歳へ、YUIMETALとMOAMETALも11歳から18歳へと成長し、大人のグループへと転身することを要求される時期に来ています。

 考え方によっては、今BABYMETALにとって最も難しい時期に来ているのかもしれません。
 NEWアルバム作成を含め、この難しい時期を乗り越えることでもKOBAMETAL氏の手腕が試されることになりそうですが、色々と大変そうですよね。

 メンバーが幼い頃からスタートしたために、歌詞も幼い頃に合わせたものとなっていることから、今後もライブでそのまま披露されていくのか微妙に思えます。
 SU-METALにとって凱旋ライブとなった広島公演では、『ヘドバンギャー!!』の歌詞が一部変更されて歌われましたが、これから他の曲も歌詞の一部が変更されるようなことがあるのでしょうか?

 おそらく、まだ3人とも可愛らしいのでしばらくは何も変更する必要はないと考える方が多いことでしょうが、いつかは変化を求められる時期が来るわけです。
 3人とも美少女から綺麗なお姉さんになりつつあるし、いつまでも幼さを求められても彼女達も困るようにも思えます。

 そこで今回は、これからのBABYMETALの理想的な進化について語り合おうじゃないですか!

①歌詞の変更は無くて良いと思う。
②曲によっては歌詞の変更をしても良いと思う。
③曲によってはダンスの変更をしても良いと思う。
④数年内に髪型の変更があっても良いと思う。
⑤曲によっては髪型の変更があっても良いと思う。
⑥若年層のファンを満足させるために何も変更しなくても良いと思う。
⑦若年層ファン限定のライブでは今のままのライブで、その他は変化があっても良いと思う。
⑧年齢に合った新曲をどんどん作り、年齢に合わなくなった曲はライブで披露しなければ良いと思う。
⑨その他

 さて皆さんはどのようにお考えでしょうか?