BABYMETALの結成日とされる2010年11月28日に開催された『さくら学院祭☆2010』からあと約20日で丸6年が経過しようとしています。
 当時はまださくら学院のクラブ活動『重音部』としての活動でしたが、まさかその6年目にウェンブリー・アリーナで日本人アーティスト初のコンサートを行うと誰が予想できたでしょうか?

 そういう意味でもメンバー3人を筆頭にKOBAMETAL氏や神バンド、そしてグループを支える様々なスタッフを含めたチームBABYMETALは本当に凄いですよね。
 横浜赤レンガ倉庫で行われた『さくら学院祭☆2010』でBABYMETALを観た観客は、メンバー3人がこの約6年で物凄い進化を遂げる過程を見てきたわけですが、今どんな思いでBABYMETALを見ているのでしょうか?

 当時はさくら学院のファン(父兄)だったわけですから、進化しすぎてあまりにも遠い所に行ってしまったように思え、最近ではやたらと目を細めながら当時を振り返り、「昔々『重音部』というクラブがさくら学院内にあってだな……」などと昆布茶を飲みながら自慢気に周囲の人々に話をしているのかもしれない。
 もちろん昔話をするときは昆布茶を飲んでほしいよね!

 そんなことはどうでもいい!

 その後BABYMETALが大成功し、メンバー2人がさくら学院を卒業するまでの約3カ月間の活動休止期間中に、ベビメタロスを患ったメイト多数を活動最盛期のさくら学院に呼び込み、メンバー2人の父兄を倍増させるという恐ろしいほど考え抜かれた戦略にメイト達があっと言う間に父兄化して行きました。

 さすがBLACK BABYMETALだね!
 その後メイトに戻ることはなく、父兄として生きる道を選んだ旧メイトもいたとか、いなかったとか。 

 お~~い、YUI&MOAのさくら学院活動はもう終わったんだぞ~~!
 早くジャングルから戻ってこ~~い!

 って、横井正一さんかい!
 そんなことはどうでもいい!

 今ではさくら学院卒業生が在校生と同じ舞台に立つなど、卒業生と在校生とのコラボが活発化しているように思えますが、BABYMETALと在校生はお互いがライブを観に行くぐらいで同じ舞台に立つようなことはありません。

 これは独特の様式美を持つBABYMETALの特性上、さくら学院とのコラボはBABYMETALの様式美を台無しにする危険性があるために行われていないのではないのかと思われます。
 森ハヤシ先生の話からもさくら学院とは完全に切り離された遠い存在になったように感じ取られ、今後もさくら学院とBABYMETALのコラボは無さそうな気がします。

 さてそこで皆さんに質問します。
 BABYMETALとさくら学院とのコラボがあっても良いと思いますか?

「インタビュー」ピエール中野さん、BABYMETALの功績やPerfumeの活動の驚きをバンドマン独自の視点で語る 
Daoko talk BABYMETAL on "Heavy Rock burning hot from the inside" blog entry