BABYMETALのライブで様々な種類のチケットが販売されることについて語り合おう!

bm-atl01

 12月に広島で開催される『LEGEND - S - 洗礼の儀 -』のTHE ONE限定特別チケット先行1次受付がスタートしていますが、少ないチケットを世界中のファンが欲しがっているはずで、今回ばかりは転売屋に遠慮してもらいたいところです。
 それと開催日が12月の土日ということで様々なイベントと重なって急遽行けなくなってしまうチケット購入者もでるはずで、そのチケットはどうするべきかなど毎度のことながら悩ましい問題ですよね。

 巨大キツネ祭りSSA公演では当日券も少しながら販売されたようで、最初から当日券販売が計画されていたのか、それとも急遽販売することが決められたのかは分かりませんが、もし当日券販売が転売屋対策に有効なのであれば今後も行われるのかもしれません。

 ところで、12月のライブでは金キツネが優遇されたり親子キツネ参拝券が販売されるなど、夏に開催された5大キツネ祭りでの成功点が採用されたようで、12月のライブ次第ではその後のライブでも様々な種類のチケットが販売されるような気がしてきました。

 例えば金キツネ専用チケットや銀キツネ専用チケット、親子キツネ専用チケットに海外キツネ専用チケットなど、幅広い年齢層や世界中のファンを持つBABYMETALならではのチケット販売システムが構築されるのかもしれません。

 もしそうなれば『BABYMETAL』という名の新しいジャンルを作り上げたい運営側にとって、観客席のファンの多様性という点で新しいジャンルを完成させたも同然と言えるはずです。

 そこで今回は、多様化し始めたチケットの種類について語り合おうじゃないですか!

①チケットの種類が多様化することも、価格に差をつけることも良いと思う。
②チケットの種類が多様化することは良いと思うが、価格に差をつけてほしくない。
③黒キツネ(男)と赤キツネ(女)専用チケットもあって良いと思う。
④チケットの種類が多様化することには反対だ。シンプルな方が良いと思う。
⑤その他

 さて皆さんはどのようにお考えでしょうか?