BABYMETALの今年ここまでの活動で後にターニングポイントになったと言われそうな出来事はどんなことか語り合おう!

 ヘヴィーメタルとアイドルの融合というまるで水と油のようなコンセプトで始まったBABYMETALは、数々の試練を乗り越えながら伝説的なライブを繰り広げ、国内だけでなく海外にもファンを作って今や世界で注目されるグループとなっています。

 また、昨日このブログで行ったファンの年齢を調べるアンケートでも世代の壁を乗り越えている状況が良く分かり、数世代の親子が同じ屋根の下で暮らす時代ならともかく、核家族が主流となっているこの時代にこれだけ幅広い世代から支持されるグループになるとは運営側も思ってもいなかったはずです。

 ところで、このブログでは以前にもKOBAMETAL氏を中心とした運営側が普通のアイドルとしてではなく本気でメタル界に挑戦しようと思ったのはいつ頃だったのかという議題で話し合ったことがありますが、神バンドを付けた時という意見が一番多いようでした。

 たしかに神バンドがいなかったらワールドツアーにも行けなかっただろうし、BABYMETALにとってターニングポイントになったと言われるソニスフィアにも出られなかったでしょうから、神バンドを付けたことは大成功だったし、その時に運営側が本気になったとも考えられます。

 しかしですよ、BABYMETALの2曲目となった『イジメ、ダメ、ゼッタイ』の曲調から考えるに、この曲を作った時点でいずれバックバンドが付くことは必然だったとも考えらるため、この曲を作る過程でKOBAMETAL氏はもう本気になっていたとも考えられます。

 あるいは、もしかするとBABYMETALメンバーの3人を発見した時点でKOBAMETAL氏は既に本気になっていたなんてこともあるかもしれません。

 そしてさらに興味があるのはBABYMETALメンバー3人が「ひょっとして自分達って、凄いことになるんじゃない?」と思ったのはいつ頃だったのかです。
 まーこの『凄いこと』がどれぐらいなのかで変わっているでしょうが、最初に感じたのはさくら学院の活動から独立して単独でライブをやり始めた頃でしょうか?

 次に感じたのは初の単独ライブを開催した時でしょうか?
 それともBABYMETALにとって初めての海外ライブとなったシンガポールに行った時でしょうか?

 しかし、やはり最も大きく『凄いことになる』と感じたのは武道館公演の最後にワールドツアーが行われることを観客と一緒に知った時のような気もします。
 とは言え、メンバー3人が雑誌のインタビューに答えているように「いつも夢の中にいるような気分」で、そんなことを考える暇もなかったのかもしれません。

 もうすぐ結成から7年目を迎えようとしているBABYMETALが今や世界の注目を集めるグループになっているだけに、こうして色々なことを想像してみると面白いですよね。

 そこで、皆さんは今年ここまでの出来事で後にターニングポイントと言われそうな出来事はどんなことだと思いますか?

①2ndアルバム『METAL RESISTANCE』の発売
②ウェンブリー・アリーナ公演
③アメリカツアー
④ヨーロッパツアー
⑤ダウンロード・フェス
⑥ロブ・ハルフォード氏とのコラボ
⑦アリス・クーパー氏との記念撮影ww
⑧夏の4大フェス出演
⑨東京ドーム公演
⑩その他

本日発売!月刊Songs11月号 ”BABYMETAL東京ドーム公演 RED NIGHT”レポ 3頁掲載 
『ORICON STYLE』”東京五輪の総合演出 最も相応しいクリエイターは?”より、男性票3位、総合9位にBABYMETAL 
%d bloggers like this: