BABYMETALの国別ライブ開催回数からも今年のワールドツアースケジュールは全く予想できない!

bm2016-2

 2018年BABYMETALのワールドツアースケジュールは今月中にも発表されると思いますが、BABYMETALは海外初公演となった2012年11月の『Anime Festival Asia Singapore 2012』から5年で14カ国に行き、計78公演を行ってきました。

 ちなみに国別の海外公演数は以下の通りです。

BABYMETAL海外ライブ国別開催回数
国名開催年ワンマンフェスその他小計合計地域




アメリカ201420サポート 573841
20151102
201693012
201710サポート1617
カナダ201401012
20151001
メキシコ201410011




イギリス201421031531
20150202
201611サポート 810
ドイツ201410017
20152204
20162002
フランス201410013
20151001
20160101
スイス201510012
20161001
オーストリア201501012
20160101
イタリア201510011
オランダ201501011


シンガポール2012010136
20131102
インドネシア201301011
台湾201400ツーマン 111
韓国201700サポート 111
 計 29 18 31787878

 国別のライブ数では昨年サポートライブが16公演あったことでアメリカがイギリスの2倍以上となり、しかも海外総公演数の半分近くとなっています。
 今後もこのままアメリカと他地域との公演回数差は広がり続けるのでしょうか?
 それとも今年はヨーロッパの公演数が巻き返すのでしょうか?

 今のところ5月の北米ツアーと6月の欧州ツアーは読めますが、その後のツアーは全く予想できません。何しろ年初の訃報やYUIMETALとMOAMETALの高校卒業など、これまでと異なる要素が多いですからね。

 注目されるのは7月で、再びアメリカに戻るのか、それとも6月に続き欧州ツアーを行うのか、それとも日本に戻ってツアーファイナルとして大規模ライブを開催するのか?

 ちなみに事務所の先輩ONE OK ROCKは昨年12月にヨーロッパツアーを行い、それは一カ月に16公演もするというハードスケジュールでした。BABYMETALがそんな過密日程を組むはずはありませんが、もしかするとワンオクが行ったフィンランド・ノルウェー・スウェーデンの北欧諸国にBABYMETALも初めて行くかもしれません。

 それと気になるのは、今年もビッグアーティストとのコラボが見られるのかどうかです。
 メタルゴッドのロブ・ハルフォードに始まり、昨年はレッチリにコーンと楽しいコラボが続いているため、今年もビッグアーティストとのコラボを期待せずにはいられません。

 こうしてみると、何だかんだで今年も一年間BABYMETALに楽しませてもらえそうです。