今月のダウンロード・パリ終了から来月のUS西部ツアー開始までの中1カ月、BABYMETALはどんなことをしているのでしょうか?
 欧州ツアーでの疲れを癒した後は、まだ披露されていない2ndアルバム収録3曲の練習をしたり、7月18日に予定されているロブ・ハルフォード氏とのコラボ・パフォーマンスの練習などもしているのでしょうか?

 ファンならライブ活動中のBABYMETALに興味があるのはもちろんのこと、プライベートな行動を除くライブ活動休止中の様々な活動にも興味がありますよね。

 雑誌『ヘドバン』のインタビューにKOBAMETAL氏は、
「メンバーも間が空きすぎると良くないって言ってたりするんですよ。コンスタンスに ライブが入っていた方が本人たちは調子が良いみたいなんです。逆に急に2・3カ月休みが入っちゃうと戻すまでに疲れるって言ってて」
と語っているように、今回は1カ月の間隔なのでライブ体質の身体に戻すまでそれほど苦労することはないでしょうが、なんかもう彼女たちはスポーツ選手と同じなんですね。

 10曲以上あれだけの激しいダンスをしながら歌うんですから、そりゃアスリート並みの身体になるのも納得なんですが。

 まず、ライブ体質の身体に戻す以外で考えられるのは、英会話の練習じゃないでしょうか?
 今年になって増えた英語でインタビューに答える場面などでは、3人とも確実に英語を上手に話すようになっているため、来月のUS西部ツアーでのインタビューでは更に流暢な英語を話すようになっているはずです。い、いや、これは別にプレッシャーをかけるつもりで書いているわけではないので。


 また、次のアルバム作成に向けて新曲のレコーディング作業をしている可能性もあるでしょう。
 BABYMETALの場合、新曲はまずライブで披露してから少しずつ完成度を高めてアルバム収録という形がとられてきましたが、2ndアルバムにはライブで披露されていない曲もあっただけに、今後発売されるアルバムではライブで披露されていない曲が増えるのかもしれません。

 そこで今回はニューアルバムに収録される新曲について語り合ってもらいたいと思います。
①新曲はライブで披露してから少しずつ完成度を高めてアルバムに収録する方が良い。
②新曲はライブで披露せず、NEWアルバム発売とともに初めて聴いた方が新鮮で良い。
③その他

 さて皆さんの考えはどちらに近いでしょうか?

ボートレーサー平石和男選手絶賛「BABYMETALは本物」(報知新聞) 
【Record Herald】 BABYMETALがオハイオに戻ってくる(長文翻訳)