BABYMETALの3rdアルバムも国内版と海外版が異なることになるのかについて語り合おう!

bm-atl01

 日本列島にこの冬一番の寒気が流れ込んで各地で最低気温が氷点下となる日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
 管理人は昨日から喉の調子が悪くなり、どうやら数年ぶりに風邪をひいてしまったようです。
 おバカは風邪をひかないはずなんですが、ちょびっとばかり利口になったのかもしれません。

 ところで、2ndアルバム『METAL RESISTANCE』が発売されたのは今から2年前の2016年4月1日(FOX DAY)でしたが、それに先立ってその収録曲が2月19日に発表されていました。

 と言っても、2ndアルバム発売告知は前年2015年12月の横浜アリーナ公演終了後に行われていたため、これから3rdアルバム発売告知と収録曲の発表が近い内に行われて、今年のFOX DAYにNEWアルバムが発売される可能性は極めて低いように思えます。

 それとも我々ファンをあっと驚かせるような発表が近い内にあるのだろうか?
 あるいは来年の発売に向けて新曲がライブで披露される年になるのだろうか?
 いずれにせよ今年は新曲を聴けそうなので、何かと楽しみな年になりそうです。
 
 それと気になるのは、3rdアルバムも国内版と海外版が異なることになるのかです。
 2ndアルバムでは『シンコペーション』が国内版のみで、『From Dusk Till Dawn』が海外版のみに収録されていて、両方とも買ったファンが多かったはずです。
 今度の3rdアルバムはどうなるんですかね?

 そこで今回は、3rdアルバムも国内版と海外版が異なることになるのかについて語り合おうじゃないですか!

①国内版と海外版が異なっても良いと思う。
②むしろ1曲と言わず数曲が異なって良いと思う。
③国内版と海外版は同じの方が良いと思う。
④国内版と海外版は同じで、数種類のアレンジバージョンはあっても良いと思う。
⑤その他

 さて皆さんはどのようにお考えでしょうか?