BABYMETAL東京ドーム公演が開催される9月の到来とともにメビメタファンにとって嬉しい情報も入ってきました。

 年間の優れたミュージックビデオを表彰する音楽アワード『MTV VMAJ 2016』で、最優秀邦楽グループビデオ賞・最優秀メタルビデオ賞に「KARATE」のミュージックビデオが、最優秀邦楽アルバム賞にアルバム「METAL RESISTANCE」がノミネートされたそうです。
 最優秀作品はファンの投票によって決まるそうで、【VMAJオフィシャルサイト】で投票お願いします。(投票期間:9月1日(木)12:00~9月30日(金)23:59) 


 さて、BABYMETALのスタートはさくら学院内のクラブ活動である『重音部』でしたが、その後努力を積み重ねてメジャーデビューし、武道館公演以降は加速度的にその進化を早めて世界の音楽シーンに躍り出ました。
 今日はそんな進化し続けるメンバーの中からヴォーカルを務めるSU-METALに焦点を当て、今後どんなヴォーカリストになるのか予想をしてみたいと思います。

 皆さんもご存知の通りSU-METALは僅か8歳でアクターズスクール広島のオーディションに合格し、それ以来言わばアイドルエリートの道を先頭を切って進んできた逸材でした。そんなアイドル歌手への道を一歩ずつ進んでいたSU-METALに転機が訪れたのはさくら学院内のクラブ活動『重音部』への加入でした。それ以来SU-METALは普通のアイドルとは一線を画すことになります。

 爆音の中で歌い続けることによって年々声量も増え、今では海外音楽雑誌で活躍中のメタルボーカリストとしてその名を挙げられるほどになっています。実力的に世界的なヴォーカリストになるにはまだ道は険しいが、SU-METALにはまだまだ伸びしろがあるため、この先どんなヴォーカリストになるのか楽しみでなりません。

 これから今以上にパワフルなヴォーカリストになるんですかね?
 または、心に染み入るバラードの歌い手になるんでしょうかね?
 それとも、歌って踊れる歌手を極めて行くのでしょうか?  

 そこで今回は、パワフルな若手女性ヴォーカリストに注目し、SU-METALがこうした方向に進んで行くのか皆さんと語り合いたいと思います。

 まずパワフルな女性ヴォーカリスト1人目は現在ロックバンドMardelasでヴォーカルを務める『蛇石マリナ』さんです。以前は女性メタルバンドDESTROSEでヴォーカルを務めていましたが、脱退してMardelasを結成しました。彼女はシンガーソングライターですから、もしかするとSU-METALも彼女のような方向に進むのでしょうか?
 ん~~、なんか違うような気もする。

 2人目のパワフルな女性ヴォーカリストはLight BringerやDOLL$BOXXなどでヴォーカルを務めた皆さんご存知の『Fuki』さんです。とにかくパワフルなハイトーンボイスを駆使する彼女の歌は圧巻です。
 現在はソロ活動をしているようですが、管理人はLight Bringerの彼女が好きなのでまた活動を再開してほしいものの、メンバーはそれぞれバラバラになりベースのhibikiさんは蛇石マリナさんのMardelasに加入するなど、もう活動再開は無いのでしょうね。
 さて、SU-METALは彼女のような方向に進んで行くのでしょうか?
 これまたなんか違うような気がする。

 もしかするとSU-METALはこれまで誰も通ったことのないような道を進み、日本人ヴォーカリストがまだ到達したことがない領域にまで進んで行くのかもしれませんね。

 それでは、皆さんが思うパワフルな女性ヴォーカリストを教えてください。
 そして、SU-METALがそのヴォーカリストのような道に進んで行くのか意見を聞かせてください。


『MTV VMAJ 2016』に「KARATE」MVと、アルバム「METAL RESISTANCE」がノミネート【投票
5 Things You Should Know About BABYMETAL - Radio X
『MTV VMAJ 2016』に「KARATE」MVと、アルバム「METAL RESISTANCE」がノミネート!